×

CATEGORY


 

1配送先につき
税込10,000円以上のご購入で
送料無料

お得な会員特典がたくさん

・会員価格 ・限定商品
・購入ポイント

会員様入口はこちら

 

CATEGORY

CONTENTS

 


 
HOME»  ブログ記事一覧»  健康の話»  【猛暑の夏バテに…霊黄参】

【猛暑の夏バテに…霊黄参】

【猛暑の夏バテに…霊黄参】

〈温度差〉 熱中症の危険が叫ばれ「適度な」冷房使用が推奨されればされるほど、「過度な」冷房に泣かされるのが冷房病です。たとえ冷えている自覚がなくても夏風邪、全身倦怠、足の裏の痛み、膝痛、腰痛、肩こり、頭痛、下痢、便秘など冷房の影響が考えられる諸症状はあるものです。
 人は冷えると身体にこもった熱が出せなくなります。それで暑さに耐えられなくてイライラしてキレることもあります。猛暑の夏バテは単に暑さだけの疲れではありません。冷房による「温度差」の疲れも加わっているのです。
 そしてこの「温度差」で一番迷惑しているのは「気血のめぐり」です。よく冬場は寒さで毛細血管が収縮するため、身体の奥の血管の血液量が増えて脳血管障害や心臓病の発作につながるといいます。冷房に入れば同じような状況になります。
 そこで注目したいのが牛黄の開竅作用です。熱中症も夏バテも冷房病も、余分な熱と水分を外へ出す「代謝力」が低下するのは共通です。
しっかり出して、しっかり入れる大切です。

2014-08-12 14:42:59

健康の話   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント