×

CATEGORY


 

1配送先につき
税込10,000円以上のご購入で
送料無料

お得な会員特典がたくさん

・会員価格 ・限定商品
・購入ポイント

会員様入口はこちら

 

CATEGORY

CONTENTS

 


 
HOME»  ブログ記事一覧»  症状»  痛い・血が出る・腫れる『つら~い痔の症状』

痛い・血が出る・腫れる『つら~い痔の症状』

痛い・血が出る・腫れる『つら~い痔の症状』

「トイレに行くのが怖い…」
これは痔を患っている人が抱える共通の悩みではないでしょうか。排便時に鋭い痛みを感じたり、お尻から真っ赤な血がでる・・・。トイレでこのようなつらいつらい症状に悩まされながらも、恥ずかしくて誰にも相談できないという人も少なくありません。
痔にはいろいろな種類がありますが、病院で検査をしてもらわないと、自分がどのタイプの痔なのか判断することができないものです。ただ、今出ている痔の症状から、自分の痔のタイプをある程度見分けることができます。
●痛み
痔の症状で特につらいのは、排便時の痛みです。中でも鋭く激しい痛みを感じる場合「切れ痔(裂肛)」が考えられます。
切れ痔とは、肛門の出口付近に小さな傷ができる痔です。
主な原因は便秘で、比較的女性に多く見られます。便秘で硬くなった便を無理に押し出そうとしたときに、肛門の内側の皮膚が切れたり裂けたりすることで激しい痛みを生じます。
切れ痔の症状としては、痛みの他に出血を伴いますが、それはトイレットペーパーに少量の血がつく程度のものです。
●出血
痔の症状として特徴的なものは、排便時の出血です。鮮血がほとばしるように出血する場合は「いぼ痔(痔核)」の一種である「内痔核」が考えられます。
いぼ痔とは、肛門の内側や外側にいぼのような膨らみができる痔で、痔の中で最も多くみられるタイプの痔です。肛門の部分には非常に細かい血管が網の目のように走っており、排便時に強く息むなどしてうっ血を起こすと、その部分が膨らんでいぼ状になります。
内痔核は肛門の内側の痛みを感じない粘膜部分にできるいぼ痔で、痛みはありませんが、このいぼが硬い便によってこすられると、鮮やかな色の出血を起こします。
●腫れ
肛門の周りにいぼのような腫れを感じる場合は、これもいぼ痔(痔核)の一種である「外痔核」が考えられます。
外痔核とは、肛門の外側にできるいぼ痔のことで、強く息むなどの強い負担をきっかけにして、血豆のようなものが突然現れます。
また、外痔核は皮膚の部分にできるので、強い痛みも伴います。
このように、同じ痔であってもさまざまな症状と種類があります。
しかし、これらの痔を引き起こす根本原因はどれも同じ。いずれも「肛門部のうっ血」が原因となって起こります。

2013-06-30 12:18:37

症状   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://www.rapport21.jp/app/TrackBack/receivetb/SID/x9490727/EID/30

トラックバック記事一覧