×

CATEGORY


 

1配送先につき
税込10,000円以上のご購入で
送料無料

お得な会員特典がたくさん

・会員価格 ・限定商品
・購入ポイント

会員様入口はこちら

 

CATEGORY

CONTENTS

 


 
HOME»  ブログ記事一覧»  生薬の話»  健康長寿のためには”頭の元気”も大切です・・・能活精

健康長寿のためには”頭の元気”も大切です・・・能活精

健康長寿のためには”頭の元気”も大切です・・・能活精

社会の高齢化が急ピッチに進む日本では、”頭の健康”の問題がますますクローズアップされています。
頭の健康が損なわれはじめた時にあらわれる特徴的な症状は「物忘れ」で、これには、生理的なものと病的なものの2種類があります。
生理的な物忘れは「人の名前がなかなか出てこない」「夕べ食べたメニューが思い出せない」などが代表的なケースで、その原因は疲れやストレスと見られています。
一方、病的な物忘れはアルツハイマー型痴呆や脳血管性痴呆に代表され、「家族がわからなくなる」「食事をしたことを忘れてしまう」などがこれにあたります。
”頭の健康”は、高齢者のみならず、社会全体の問題です。
頭を元気にする方法を考えてみましょう。

脳の働きをよくする4つのポイント

人間の脳は100億個の神経細胞でできていて、その神経細胞の誕生や生存、成長に関わっているのが、神経成長因子(NGF)です。
脳の働きを活発化するためには、脳神経細胞の保護(NGF産生促進)や血流を改善するとこが大切です。また精神安定や疲労回復も効果的です。

脳の働きをよくするポイント

①脳神経細胞保護(NGF産生促進)


20歳を超える頃から毎日10万個以上の脳神経細胞が死んでいくといわれています。頭に外傷を負ったり、脳の血流が悪い場合はさらに脳神経細胞の死滅は早まります。急激に脳神経細胞が減るアルツハイマー型痴呆に限らず、脳神経細胞を保護することが脳の老化を防ぐ第一歩といえます。

②脳血流改善

脳神経細胞を保護し、機能を活性化させるためには脳の血液循環を正常に保ち、十分な酸素や栄養素を与えることも必要です。
とくに脳梗塞や脳出血などで大脳皮質や海馬の血流量が不足すると物忘れしやすくなったり、集中力が低下すると考えられます。

③鎮静

精神状態を整えて興奮を抑え、心を落ち着かせることで集中力を高めることができます。ハーブによる鎮静効果でリラグゼーションし、集中力を高めるなどはその好例です。

④滋養強壮

ストレスや過労で疲れがたまると集中力が低下したり、物忘れしやすくなります。滋養強壮により、全身の疲れを取ると脳の働きもよくなります。

脳の働きをよくする代表的な生薬

羚羊角・・・ウシ科サイガレイヨウカクの角を粉末にしたもので、ケラチン(角質たんぱく)、リン酸カルシウムなどを含みます。
中国最古の薬物書『神農本草経』に収載されており、鎮静作用、血圧降下作用、抗炎症作用、解熱作用などのほか、NGF産生促進作用が認められています。

遠志・・・ヒメハギ科イトヒメハギの根あるいは根皮を乾燥したもので、サポニン配糖体などを含みます。
『神農本草経』に収載されており、鎮静作用、抗炎症作用などのほか、NGF産生促進作用が認められています。

沈香・・・ジンチョウゲ科ジンコウの材部のうち、特に黒色の樹脂が沈着したもので、ベンジルアセトンなどを含みます。
『名医別録』に収載されており、鎮静作用、鎮痙作用、健胃作用などがあり、消化不良や胃腸虚弱に用いられるほか、NGF産生促進作用が認められています。

サフラン・・・アヤメ科サフランの花柱上部および柱頭で、クロシンやアデノシンなどを含みます。鎮静作用、鎮痙作用などがあり、婦人用薬として冷え症や血色不良に用いられるほか、記憶障害抑制作用や血小板凝集抑制作用が認められています。

紅参・・・ウコギ科オタネニンジンの根を蒸して乾燥したものです。抗疲労作用。抗ストレス作用、健胃作用のほか、血圧降下作用、脳血管拡張作用、赤血球変形能亢進作用、血小板凝集作用、神経線維増生作用が認められています。

真珠・・・ウグイスガイ科アコヤガイの殻内に形成されたいわゆる真珠です。鎮静作用、滋養強壮作用、解熱作用、抗ヒスタミン作用などがあります。

龍脳・・・フタバガキ科リュウノウの樹脂を加工して結晶化させたもので、意識を覚醒し、集中力を改善させる働きがあります。
 
疲れ・ストレス     老化         脳神経細胞の急激な死滅             脳梗塞や脳出血の後遺症による脳血管障害
    ⇓          ⇓                  ⇓                    ⇓
  集中力の低下       ⇓                  ⇓ アルツハイマー型           ⇓脳血管性  
    ⇓          ⇓                  ⇓                    ⇓
     生理的物忘れ                           病的物忘れ
例                                    例
 ●人の名前がなかなか出てこない                ●家族や知人がわからなくなる               
 ●昨夜の献立が思い出せない                  ●食事をしたことを忘れる

健脳のポイント:細胞活性、血流促進、鎮静、滋養強壮

おすすめ生薬:羚羊角、沈香、遠志、サフラン、真珠、龍脳、紅参
                 ⇓
               健脳生活

こんな症状でお悩みの方に・・・

●疲れがたまってくるとなかなか思い出せない
●疲れてくると何処にしまったか忘れやすくなってしまう
●疲れてボーとしてやる気がでない
●疲れやすくなって家事が思うようにすすまない


                 

2018-12-30 13:03:00

生薬の話   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント