×

CATEGORY


 

1配送先につき
税込10,000円以上のご購入で
送料無料

お得な会員特典がたくさん

・会員価格 ・限定商品
・購入ポイント

会員様入口はこちら

 

CATEGORY

CONTENTS

 


 
HOME»  ブログ記事一覧»  生薬の話»  強壮薬〈鹿茸〉プラス〈紅参〉の効きめ!・・・霊鹿参

強壮薬〈鹿茸〉プラス〈紅参〉の効きめ!・・・霊鹿参

強壮薬〈鹿茸〉プラス〈紅参〉の効きめ!・・・霊鹿参

鹿茸

人生を燃え立たせるエネルギー

人間は、両親から生命エネルギーを授かって生まれてきます。これが、元来の”生命力”。そして東洋医学では”生命力”は腎の中で燃えていると考え、この火を「命門の火」と名付けています。
「命門の火」を燃やしつづけ、「人生」を謳歌しましょう。
その燃料となる生薬、ロクジョウ(鹿茸)とは?

人間の”バイタリティ”を補う・・・それが〈鹿茸〉

東京医学では「腎」を単に腎臓と見なさず、内分泌系、生殖器系、免疫系などを含めた生命の源と考え、精力とも一体のものとしてとらえます。心身両面の”バイタリティ”と考えると近いといえます。人間の一生とは、この「腎」の盛衰に他なりません。気力・筋力・性的能力などは、30歳前後のピークに向かって上り詰め、後は徐々に衰えていくのです。加齢とともに訪れる「腎」の衰えはいかんともしがたいものです。しかし、「腎」を補えば、この曲線をなだらかにすることは十分に可能です。その「補腎」の働きを持つお薬の代表格がロクジョウ(鹿茸)です。

「薬」の代名詞 高貴薬〈鹿茸〉

5月5日の端午の節句には「菖蒲湯」に入る習慣がありますが、そもそもこの日は「薬の日」でもあり、その起源は奈良時代にまで遡ります。
当時「薬猟」という行事があって、天皇や貴族など身分の高い人々は一団となって薬狩りに出かけました。その期日が例年5月5日であり、そこで採られた「薬」というのが”生命力”みなぎる鹿の幼角、すなわちロクジョウだったのです。
日本でも「薬」というばロクジョウを指していたように、中国でも薬屋といえばニンジンとロクジョウの品揃えが必須でした。ですから、看板も「薬局」とか「薬店」とは書かず、単に「人参鹿茸荘」と掲げていた店が多かったといいます。現在でも香港や台湾では「人参鹿茸荘」と記した漢方薬店を多く見ることができます。

生命力の源たる〈鹿茸〉の薬能

李時珍という生薬学者が著した『本草綱目』の中でロクジョウは、「精を生じ、髄を補い、血を養い、陽を益し、筋を強くし、骨を健やかにし、一切の虚損、耳聾、目暗、眩暈、虚痢を治す。」と記されています。
これは「生命力を増し、骨髄や血の元となり、元気をつけ、筋力を強くし、骨を堅く丈夫にし、体力の消耗によるあらゆる病、難聴、目のくらみ、めまい、下痢や腸の疾病を治す。」という意味です。
つまり、ロクジョウこそは、両親から授かり、持って生まれてきた”生命力”をフルに発揮させるための生薬。
腎の中にあり、人生に”バイタリティ”をもたらす「命門の火」を長く燃やしつづける燃料ともいうべきお薬なのです。

現代人の必需品 健康を叶える生薬〈鹿茸〉

戦後間もない頃の日本人の平均寿命は、約50歳。ところがいまでは約80歳にも達して、わずか数十年の間に日本は世界に名だたる長寿国になりました。
寿命が急伸した現代では50代や60代で「老年期」に突入してしまうわけにはいきません。「腎」の高揚期を少しでも長く引き延ばし、”元気”に活躍しなくては生きている意味が半減してしまうからです。
生命活動の基本である「腎」が不足すると、全身の疲労倦怠感や冷え、脱毛や目のかすみ、夜間頻尿につながります。また、子どもには発育不良や夜尿症があらわれます。
そうならないように、「腎」を高いレベルで維持することこそ”元気”の秘訣です。天皇をはじめ高貴な人が「薬猟」に出向き、こぞって求めたといわれるロクジョウは、まさに「健康」を叶えるためのお薬といえます。

元気の源”命門の火”

中国では、「腎」は単に腎臓をさすのではなく、人が元気に生活できる源とされています。その腎の内で元気が燃えていると考え、これを”命門の火”(腎陽)と名づけました。その腎を補い、陽を助ける働きをする薬を「補陽薬」と呼んでいます。
≪霊鹿参≫は、中国で「補陽薬」に分類されている動物性生薬〈鹿茸〉と、古来、強壮薬として用いられてきた植物性生薬〈紅参〉だけを成分とした、すぐれた効き目の滋養強壮薬です。

霊鹿参はこんな方の滋養強壮におすすめいたします。

  ●顔が青白い
  ●手足や腰が冷える
  ●寒いを体調が悪くなる

  ●風邪をひきやすい、長引く
  ●胃腸が弱く食欲がない
  ●虚弱体質で疲れやすい

霊鹿参は・・・

動物性生薬〈鹿茸〉と植物性生薬〈紅参〉の協力効果で、肉体疲労、虚弱体質、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症などの滋養強壮にすぐれた効き目を発揮します。

鹿茸とは・・・

雄鹿のまだ角化していない幼角(袋角)を乾燥したもので、中国最古の薬物書といわれる「神農本草経」に収載され、古来すぐれた強壮生薬として珍重されてきました。

紅参とは・・・

「神農本草経」に収載されている薬用人参の根を蒸して乾燥したもので、古くから漢方の要薬として用いられてきました。新陳代謝機能を活発にし、食欲を増強し、体を丈夫にする働きがあります。


 

2018-12-24 12:07:17

生薬の話   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント