×

CATEGORY


 

1配送先につき
税込10,000円以上のご購入で
送料無料

お得な会員特典がたくさん

・会員価格 ・限定商品
・購入ポイント

会員様入口はこちら

 

CATEGORY

CONTENTS

 


 
HOME»  ブログ記事一覧»  症状»  肌のカサカサに「亀鹿霊仙廣」

肌のカサカサに「亀鹿霊仙廣」

肌のカサカサに「亀鹿霊仙廣」

〈潤い不足〉 冬になると着替えの度に、桜吹雪のような細かい角質が舞い散ることは、痛みを伴うわけでもないので、人前で着替えなければ恥ずかしさを感じることもありません。しかし身体は一つなので、見えないところでも起こっていると考えていたほうがよいと思います。
 しかも体内となると、カサカサの次に待ち受けているのは桜吹雪ではなくて、熱の症状です。いくら水分補給をしても癒えない口の渇きや、歯周病もその仲間です。特に歯周病では歯を失うことになります。歯は東洋医学では、骨と脳の仲間です。ここで骨粗鬆症と認知症へとつながっていきます。歯肉が炎症を起こして歯が抜ける、熱を帯びた血液が物忘れを引き起こす、どこか似ていると思いませんか。
 老化現象や不定愁訴の裏には、身体のどこかに潤い不足や熱のこもりがあるものです。
 そのような水と熱のアンバランスに気づいたら、亀板の出番です。

2018-11-09 12:02:01

症状   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント