×

CATEGORY

1配送先につき
税込10,000円以上のご購入で
送料無料

お得な会員特典がたくさん

・会員価格 ・限定商品
・購入ポイント

会員様入口はこちら



 

CATEGORY

CONTENTS

 
HOME»  ブログ記事一覧»  健康の話

健康の話

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

見えない疲れ。

2019-07-08 17:06:36

コメント(0)

夏の水分補給

2019-06-23 18:09:13

コメント(0)

夏の心肺

2019-06-03 12:00:45

コメント(0)

「大人の粉ミルク」がNHK『所さん!大変ですよ』で紹介されます。

NHK総合テレビ『所さん!大変ですよ』
【放送日時】2019年5月23日(木) 午後7時30分~7時57分

で、「大人の粉ミルク」が紹介されます。


 

2019-05-23 18:25:32

コメント(0)

『暑い夏、体のお悩みいろいろありませんか~?』

2019-05-23 15:42:53

コメント(0)

不安でヘトヘト

2019-03-23 17:26:54

コメント(0)

のむエチケット・・・パナグリーン

パナグリーンは昔から北海道地方でいい伝えられていた古老の話をヒントに和光農場が長年の研究により開発に成功した栄養補助食品です。(北海道庁より地場製品開発事業として研究補助金が支給されました)
天然活性緑素(有色(緑色)野菜葉に含まれている成分の総称)が”健康”を保つのに役立ち、また、においにも働きかけます。天然活性緑素は、そのままでも、煮ても、焚いても働く性質があり、他の葉緑素とは違う特長を持っています。

天然活性緑素がいやなにおいに働きます。
パナグリーンは種々の実験で、次のような結果が得られました。
①パナグリーンは混ぜても働きます。
すりおろしたニンニクの中に少量(粉にして)混ぜますとニンニクのにおいが抑えられます。
②パナグリーンは煮ても働きます。
ニンニクや生臭い魚介類に2~4粒(粉にして)混ぜて煮ると生臭みが抑えられます。
③パナグリーンは焚いても働きます。
タバコのにおいが強い部屋、ニンニク等の有臭食品の入った料理の後のにおいは部屋を閉めて本品をアルミホイル等の上で2~4燻べると部屋の中がさわやかになります。


 

2019-03-12 12:02:32

コメント(0)

超微粒子β-グルカンが体内でしっかり働きます・・・ミセルグルカン

超微粒子だから吸収される、しっかり働くキノコの成分・・・体内で働く超微粒子βーグルカン「ミセルグルカン」です。

私たちが口から摂った栄養分は、消化され、小腸の小さい孔から体に摂り込まれます。
でも、βーグルカンは大きなカタマリなので、ここを通過できません。
摂っても摂っても、ほとんどそのまま出てしますのです。
「ミセルグルカン」は自然の高分子構造を生かしたまま、βーグルカンを超微粒子化しています。
これなら体内に取りこまれやすく、吸収後も本来のチカラが期待できます。

①キノコが体にいいのはなぜ?
ズバリ、成分としてβーグルカンがあるからです。
βーグルカンは、たくさんのブドウ糖がつながった「高分子」の多糖類。アガリクス、メシマコブ、霊芝、ハナビラ茸、シイタケ。どのキノコもβーグルカンが有用成分とされます。体にいいキノコ健康食品をお探しなら、キノコの種類ではなくβーグルカンの品質がポイントです。

②βーグルカンが摂れればいいの?
実は私たちにはβーグルカンの消化酵素がありません。ではキノコエキスを摂ったあと、どうなるのでしょか?
ミクロの世界でβーグルカンは長い長い高分子のクサリがからみ合い、大きなカタマリになっています。それが、消化、吸収もされず、ほとんどが小腸を素通りして体から出てしまうのです。

③自然なままのβーグルカンを体が取りこむには?
ナノテクノロジーを駆使し、βーグルカンの「三重らせん構造」を生かしたまま超微粒子化。そして粒子を安定化させることで、体内に吸収されやすくなります。
超微粒子化されたβーグルカンの直径は平均0.2ミクロン以下。ふつうのキノコ食品のβーグルカンの直径に比べて1000分の1の大きさです。

④1袋にどれくらいβーグルカンが入っているの?
キノコのβーグルカン量は、種類、産地、収穫期、などで異なってきます。ですからキノコ加工食品にβーグルカン量を明記するのは困難といわれてきました。でも「ミセルグルカン」はキノコからβーグルカンを抽出し99%純粋化する技術で、1袋で15mgの高品質のβーグルカンを安定して摂取できます。

⑤摂取方法と摂取量と摂取期間は?
「ミセルグルカン」は食品ですので、お召し上がり量、お召し上がり方法、期間に制限はありません。封を切ってカップなどに移し替え、そのままお飲みください。適度に冷やす・温めるはOK。
摂取量としては1日1袋が目安。このペースで1~2ヶ月の期間、お召し上がり下さい。そして継続しておとりいただくことをおすすめします。

⑥保存するときに気をつけることは?
「ミセルグルカン」のβーグルカンは4℃~室温で微粒子のまま安定していますので常温で保存できますが、直射日光の当たる場所や温度の高い場所は避けて。また凍らせると微粒子が再凝集する可能性がありますので、冷凍庫などには入れないでください。

⑦お料理に入れてもいいのかしら。
「ミセルグルカン」は茶褐色の液体で、ほのかにシイタケの香りがします。特に味はありませんので、お料理の入れてもおいしくおとりいただけ、うま味がたっぷり出せますので、塩分を控えめにすることができます。
ただし酢酸(酢)や炭酸(ソーダ)を加えるとβーグルカンが再凝集する可能性がありますのでご注意ください。お料理メニューとしてはお味噌汁やスープ、茶わん蒸しなどが好適です。
 

2019-03-07 15:19:03

コメント(0)

あの超微粒子β-グルカン、ミセラピストが復活!!


あの超微粒子β-グルカン、ミセラピストが、復活しました!
名前は変わりましたが、内容は同じです!
ミセルグルカンです!

2019-03-01 16:43:51

コメント(0)

プラセンタ・・・ダブルリンクルX

プラセンタについてもっと知りましょう

プラセンタって最近よく聞くけど・・・

医薬品とサプリどちらがいいの?

疲労回復や滋養強壮にも、とてもいいの?

■プラセンタが向いている方
●疲れやすい方
●虚弱体質の方
●病中病後の方
●自然治癒を高めたい方
●産後の方

■こんなことが気になる方
●貧血が気になる方
●肝機能が気になる方
●冷えが気になる方
●自律神経が気になる方
●ホルモンバランスが気になる方
●更年期が気になる方
●生理が気になる方
●老化が気になる方
●美容が気になる方

■現代人は、プラセンタが向いているの?

現代は、慢性的なカラダの疲労感・倦怠感が全世代でも多く、特に50代60代ではさらに胃腸の具合が悪い・腰痛・節々の痛みなどが多くなっています。

■医薬品のプラセンタって?

化学合成された原料と異なり、生物より得られる原料は一定の品質を保つために厳格な管理が必要となります。
タキザワ漢方廠は、厚生労働省から医薬品のプラセンタ製剤の承認を得ている数少ないメーカーです。
医薬品原料として使用されている「胎盤乾燥微粉末」「胎盤加水分解物」は、「由来原料」「製造方法」「品質規格」「試験方法」が定められ、それに基づき製造されている「確かな品質」「安心・安全をめざした品質」が、約束されているプラセンタです。

医薬品プラセンタの効能・効果(例)

右記などの場合の栄養補給・・・滋養強壮・虚弱体質・肉体疲労・栄養障害・病中病後・発熱性消耗性疾患・胃腸障害・産前産後

■プラセンタとニンニク、どちらがいいの?

滋養強壮剤の主成分「プラセンタ」と「ニンニク」

疲れ
今日の疲れ(急性)・・・ニンニク
たまった疲れ(慢性)・・・プラセンタ

胃腸
弱い・・・プラセンタ
丈夫・・・ニンニク

基礎体力
虚証(小)・・・プラセンタ
実証(大)・・・ニンニク

ストレスからくる肉体疲労
少ない・・・ニンニク
多い・・・プラセンタ

■プラセンタとは?

プラセンタとは「胎盤」の英語名で、哺乳類が胎児を育て上げる臓器のことです。

プラセンタはヒポクラテス(紀元前460年頃)やクレオパトラ(紀元前50年頃)、秦の始皇帝(紀元前250年頃)などに不老長寿の成分として使用されていたと言われていて、長い使用の歴史があります。唐の「本草捨遺」には、人腎盤(紫河車)は「人胞」及び「胞衣」の原名で記載され、和漢素材として幅広く活用されてきました。
近年は、プラセンタに含まれる複雑な成分の研究が進み解明されつつありますが、まだ未知の部分もあります。今後も多くの研究がおこなわれ、新たな働きが報告されると考えられています。(プラセンタエキスとは、胎盤を原料として胎盤から抽出したエキスのことです。)

■プラセンタの主な成分
●アミノ酸・・・アスパラギン酸、スレオニン、セリン、グルタミン酸、プロリン、グリシン、アラニン、シスチン、バリン、メチオニン、イソロイシン、ロイシン、チロシン、フェニールアラニン、リジン、ヒスチジン、アルギニンなど
●たんぱく質・・・アルブミン、グロブリン
●脂質・脂肪酸・・・コレステロール、ホスファチジン酸、ラウリン酸、パルミチン酸など
●糖質・・・グルコース、ガラクトース、ショ糖など
●ミネラル・・・カルシウム、ナトリウム、カリウム、リン、マグネシウム、亜鉛、鉄など
●ビタミン・・・ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ナイアシンなど
●核酸・・・DNA、RNA、代謝産物など
●酵素・・・アルカリフォスファターゼ、酸性フォスファターゼ、ヒアルロニターゼ、リゾチーム、キニナーゼ、ヒスタミナーゼなど
●ムコ多糖類・・・ヒアルロン酸、コンドロイチンなど






 

2019-02-25 11:49:07

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5