×

CATEGORY

1配送先につき
税込10,000円以上のご購入で
送料無料

お得な会員特典がたくさん

・会員価格 ・限定商品
・購入ポイント

会員様入口はこちら

CATEGORY

CONTENTS

 


 
HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

亀鹿霊仙廣

体内の潤いを補う『亀板』と生命エネルギーや活力を補う『鹿角』、枸杞子と朝鮮人参を配合しており、健康維持に役立つ栄養補助食品です。

2019-11-12 13:24:41

コメント(0)

胃痛や腹痛に、げっぷ、はきけ、嘔吐等を伴う方に「安中散料」

☆外出先で冷えた、寒い所で作業していた等があれば特にお勧めです。

漢方では季節の変化に伴い、病気の外的要因となる「外邪」が移り変わります。外邪には風・熱(火)・暑・湿・燥・寒の邪気があり、これから冬を迎えると「寒邪」が旺盛となります。
「安中散」の名前は、「中」をやすらかにすること、すなわち胃腸を整えることを意味します。≪太平恵民和剤局方≫によると、長期にわたる寒邪の停留が原因で生じる脾・胃・肝の気滞疼痛に用いるとあり、桂皮・延胡索・茴香・縮砂・良姜という体を温める力の強い生薬が多く配合されています。
「長期」は数年と解説される場合がありますが、安中散は急性の場合にも用います。特に、普段から冷えやすい環境にいる方、冷え症のある方など、もともと寒邪に曝されている方が、さらに冷えて胃痛や腹痛が起きた場合に最適といえます。

【効能・効果】
体力中等度以下で、腹部は力がなくて、胃痛又は腹痛があって、ときに胸やけや、げっぷ、胃もたれ、食欲不振、はきけ、嘔吐などを伴うものの次の諸症:神経性胃炎、慢性胃炎、胃腸虚弱

2019-11-11 13:37:08

コメント(0)

腎の冬支度

冬を元気に過ごすためには、冬支度が万全でなければなりません。冬支度は、夏から秋にかけての健康を振り返ることから始まります。
夏バテが長引いた、元気だからと頑張った、冷房に苦しんだ、秋から咳が止まらない、持病が悪化した、などがあれば「越冬」に必要な保温力、免疫力、代謝力の準備を強化したいものです。

2019-11-01 14:05:24

コメント(0)

慢性的な頭痛、めまい、肩こりなどのある方に・・・釣藤散

菊花は、甘・微苦、微寒の性質を持ち、肺・肝に入るとされます。この菊花が配合された処方に『釣藤散』があり、菊花は主薬の釣藤鈎や防風と共に肝の高ぶりを抑え、体を鎮める平肝熄風の役割を担っています。また、橘皮・半夏・人参・茯苓・甘草・生姜が配合されていることから、脾気虚により滞ってしまった水毒(痰濁)が肝の高ぶりと共に上昇し、頭痛やめまいを引き起こす症状に用います。他、石膏は上半身の熱を取り、茯苓は神経を穏やかにする働きをも担います。

【効能・効果】
体力中等度で、慢性に経過する頭痛、めまい、肩こりなどがあるものの次の諸症:慢性頭痛、神経症、高血圧の傾向のあるもの

2019-10-14 15:16:32

コメント(0)

オゾナシリーズより『マイルドソープ』が新発売!!

日頃の肌ケアは洗顔から。オゾナシリーズに新しく洗顔料マイルドソープが新発売!!

オゾン化グリセリンをはじめとする保湿成分が50%配合されているため必要な潤いを守ります。刺激の少ないアミノ酸系洗浄成分です。つっぱり感や乾燥を和らげるしっとりとした洗い上がりです。素肌と同じ弱酸性なのでお肌に対して刺激性の低いマイルドタイプの洗顔料です。

好評発売中の(補う)オゾナエッセンシャルローションと(育む)オゾナジェルクリームと合わせて使用いただくことで、より一層健やかな肌へと導きます。

ぜひお試しください。

2019-10-07 14:59:03

コメント(0)

受験の友は『能活精』

羚羊角は集中力と記憶力アップのお守りです。長時間の勉強、寝不足、目の使いすぎ、不安、運動不足などにより溜まった疲れで「頭がいっぱいいっぱい」になった時、邪魔になった「頭の疲れ」を外へ出してくれるのが羚羊角です。

2019-09-22 16:02:46

コメント(0)

気が散る理由・・・合格するには、合格するための準備が必要です。

2019-09-20 13:23:10

コメント(0)

のどが乾燥して、からぜき、声がかすれる等でお悩みの方に『麦門冬湯』

☆秋は燥邪の季節。潤いを与え、咳を鎮める生薬が組み合わされています。

五行学説では、肝・心・脾・肺・腎は、季節としては春・夏・土用(季節の変わり目)・秋・冬であり、環境による病気の原因(外因)として、それぞれ風・熱(火)・湿・燥・寒の邪気が当てられています。
秋は「燥邪」の影響を受けやすい季節です。体が乾燥し、水が不足して上昇しないとのどが渇きます。水の不足により、体を温める熱(火)の方が相対的に盛んになると、虚火が生じ、乾燥に弱い肺を傷つけ、咳込み、切れにくい痰を引き起こします。麦門冬湯の主薬は、名称である麦門冬で、最も多く配合され、肺と胃を潤し、虚火を冷まします。人参、粳米、大棗、甘草は、胃気を健やかにし、水を肺に運びます。体を温め、乾かす性質を持つ半夏が入っていますが、麦門湯を多くすることでこの性質は消え、また、半夏により麦門冬の粘り気が除かれ、咳込みを鎮めることができます。

【効能・効果】
体力中等度以下で、たんが切れにくく、ときに強くせきこみ、又は咽頭の乾燥感があるものの次の諸症:からぜき、気管支炎、気管支ぜんそく、咽頭炎、しわがれ声



2019-09-12 14:16:37

コメント(0)

潤い不足、活力不足を感じるあなた・・・亀鹿霊仙廣

ドライスキン、ドライマウス、ドライアイ・・・感じるあなた。

2019-09-09 18:45:47

コメント(0)

『飲むアロマセラピー』

2019-09-07 11:59:39

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5